小学館の総合通販サイトpalshop

ようこそ ゲスト

一生モノ語り 大人の逸品

アイテムカテゴリ一覧を見る

大人の逸品 サイトカテゴリ一覧

最新号カタログ

一生モノ語り 大人の逸品

長谷園

微煙陶炉『やきやきさん』

在庫 色柄/サイズ 価格

11,000 お気に入りに追加
◯ 在庫あり 在庫があります。2営業日以内に出荷いたします。(土日祝・ご注文日を含めず)お取り寄せの商品とともにご注文された場合は、商品が揃い次第の発送になります。 □ お取り寄せ お取り寄せ商品です。通常2週間以内にお届けいたします。2週間以上かかる場合には別途ご連絡いたします。
× 在庫なし 売切れまたは期間終了のため、販売を中止しています。 △ 在庫わずか 在庫わずかです。2営業日以内に出荷いたします。(土日祝・ご注文日を含めず)お取り寄せの商品とともにご注文された場合は、商品が揃い次第の発送になります。

伊賀焼グリルで至極の家メシ

 耐火・蓄熱性に優れた“呼吸する土”

 三重県伊賀市一帯で鎌倉時代から本格的に生産が始まった伊賀焼。その陶土は「古琵琶湖層」と呼ばれる地層から採取するもので、生物や植物の遺骸が多く含まれており、焼成すると遺骸が燃え尽きて細かな気孔ができるため、“呼吸をする土”とも呼ばれる。蓄熱性に優れ、遠赤外線効果が高く、食材の芯まで熱を伝える良質な陶土だ。この特性を生かして土鍋などを作り続けてきた天保3(1832)年創業の窯元・長谷園が、“家庭でもっと気軽にバーベキューを楽しめる商品を開発したい”と考案したのが「微煙陶炉『やきやきさん』」である。社長の長谷康弘氏は語る。
「従来のホットプレートは煙が多く出て片付けも大変。これを改善しようと試作を重ね、3年かけて完成しました」
 煙は約350℃を超えると発生するが、この温度に達しないよう炎と陶板の距離を保つ独自の設計を施した。また、温めた陶板は食材をおいても温度が下がりにくく、遠赤外線効果で食材の芯まで熱を通すことができるのだ。

 煙が出にくい陶製グリル

 フチが付いた土台に陶板をのせた構造も画期的。陶板自体は食材が転がり落ちないようフラットなつくりだが、溝には外側に向かって傾斜が付いていて、食材の脂が下に落ちる仕組みだ。ヘルシーで、火への脂落ちも心配ない。
 製作は約3週間。石膏型で成形し、ひび割れを防ぐために約2週間かけてゆっくり乾燥させた後、素焼き、釉薬塗り、本焼きに至る。各工程の熟練職人が結集して作る、渾身の自信作だ。


WEB限定 SPECIALプレゼントキャンペーン開催中!

※本品は、キャンペーン対象商品です。
※9月9日(木)~開催の、WEB購入限定キャンペーンです。プレゼントは先着1000名様までのご用意となります(おひとり様1回限りプレゼント)。郵送・FAX・電話でのご注文では承れません。
※キャンペーン対象商品を含み、合計 税込み5,000円以上(割引前・送料を除く)ご注文いただいた方に、現在大好評販売中の「ロンドン ナショナル・ギャラリー スペシャルティコーヒー」のお試しセット(ドリップコーヒー2pc)をプレゼントします。
※キャンペーン対象条件を満たすご注文時、カート内「ご注文情報入力」ページで、プレゼント選択画面が出てきます。選択画面でプレゼントを希望いただくことが必須となります。

※準備数がなくなり次第、キャンペーンは予告なく終了となります。
プレゼント選択画面が出てこない場合、キャンペーンは終了となります。先着プレゼントは、ご注文完了順の確保となり、タイミングによってはご用意できない場合がございますのでご了承ください。
※既にキャンペーン参加済の方はご利用になれません。また、ご注文完了後のプレゼント希望は承れません。申込漏れにご注意ください。
詳細については、案内ページをご確認ください。
made in Japan
直径27×高さ9.5cm、約2.7kg。陶器。日本製。IH調理器使用不可。

※手づくりのため寸法・重さ等に多少違いが出る場合があります。
400万年まえの”呼吸する土”に刻まれる職人の技術

石膏型から取り出した後の削り出しの作業。こうすることで多孔質な生地の表面積が増え、蓄熱性が高まる。こうした機能に関わる重要な作業はひとつずつ職人の手で行なわれている。

国の伝統的工芸品の指定も受ける伊賀焼は三重県伊賀市を中心に作られる陶器で、鎌倉時代に生産が本格的になったと言われる。伊賀焼は耐火性、蓄熱性に優れていることが一番の特徴だが、その秘密は陶土にある。伊賀の陶土には400万年前に生息していた生物の遺骸が含まれており、高温で焼成すると、この遺骸部分が燃え尽きて細かな気孔ができ、多孔質な生地となるため“呼吸する土”とも言われ、熱を蓄えるため、遠赤外線効果が高く食材の芯までじっくり熱を伝えることができるのだ。
こういった特徴を活かし、天保3年(1832)に創業し、土鍋などを作り続けてきたのが、伊賀焼窯元・長谷園である。同社社長の長谷康弘さんは言う。

  • *

    伊賀の陶土。ここに400万年前の有機物が含まれている。

  • *

    創業時から存在し、国の登録有形文化財となっている16連の登り窯は圧巻。この大きさで現存しているのは日本ではこれだけだという。

「台所だけでなく、食卓でも使える調理器具を作るというのが長谷園のコンセプトです。食卓で煮物や蒸し物が楽しめる土鍋を作ってきましたが、今度は焼き物を楽しめるものが作りたいと思って」
そうして3年もの試行錯誤を重ね開発されたのが、今回ご紹介する「微煙陶炉 やきやきさん」だ。煙が出にくく、遠赤外線効果でおいしく焼き上げることができる卓上グリルである。
水を入れるフチがついた中央が空洞の土台と、その上にのせる陶板の2つで1つとなる独自の構造が特徴的(左、断面の写真参照)。通常煙は350〜400℃で発生するため、その温度に達しないように、陶板と炎の距離を保ち、陶板の下を炎で柔らかく包む大きな炉のような設計に。温めた陶板は食材を置いても温度が下がりにくく、遠赤外線効果でゆっくりじっくり食材の芯まで熱を通し、おいしく焼きあげる。また陶板に施された傾斜のある溝に沿い、肉から出た余分な脂がフチの水に落ちるため、ヘルシーなうえ、煙の原因となる火への脂落ちがない。
「製作はまず石膏型で成形した後、陶板は裏面を、土台は全体を職人の手でひとつずつ削り出します。削り出すことで表面積が増えて、蓄熱性が高まるため、一個ずつ丁寧な作業が必要です。また陶板と土台は肉厚成形のため、2週間ほどかけてゆっくりムラなく乾燥させます。その後素焼き、釉を施し、本焼き。約3週間ほどで完成します」(長谷さん)

  • *

    「やきやきさん」をセットした状態の断面図。煙が出にくい厚みや角度にたどり着くまでに試行錯誤を重ねたそう。

  • *

    長谷園社長の長谷康弘さん。新商品の開発や東京店の運営など、多方面の展開にも力を入れる。

*
  • *
  • 陶板の遠赤外線効果により、食材が上質の炭火で焼いたような仕上がりに。

    *

    水に脂分が落ちる構造。

  • *

    『やきやきさん』使用時は陶板の置き台の周囲につけられた溝に、水を八分程度まで入れる。流れ落ちた肉などの脂が直接火に落ちない構造。

大人の逸品 人気ランキング