小学館の総合通販サイトpalshop

ようこそ ゲスト

一生モノ語り 大人の逸品

アイテムカテゴリ一覧を見る

大人の逸品 サイトカテゴリ一覧

最新号カタログ

一生モノ語り 大人の逸品

品切

小学館/小学館イマージュ

狩野芳崖「悲母観音」愛蔵版・軸装

在庫 色柄/サイズ 価格

×

83,809 SOLD OUT お気に入りに追加
◯ 在庫あり 在庫があります。2営業日以内に出荷いたします。(土日祝・ご注文日を含めず)お取り寄せの商品とともにご注文された場合は、商品が揃い次第の発送になります。 □ お取り寄せ お取り寄せ商品です。通常2週間以内にお届けいたします。2週間以上かかる場合には別途ご連絡いたします。
× 在庫なし 売切れまたは期間終了のため、販売を中止しています。 △ 在庫わずか 在庫わずかです。2営業日以内に出荷いたします。(土日祝・ご注文日を含めず)お取り寄せの商品とともにご注文された場合は、商品が揃い次第の発送になります。

近代美術史上最も重要な作品を正式認定版として精緻に復刻

 狩野芳崖(1828~1888年)は長府藩(現・下関市)の絵師の子に生まれた。江戸木挽(こびき)町狩野家で修業、明治維新後は禄を離れて困窮したが、明治15年ころよりフェノロサの影響を受けて日本画の革新運動の旗手となった。明治以降の日本絵画は、油絵を中心とする西洋絵画の受容と、西洋画に対して「日本画」と呼んだ伝統絵画の復興というふたつの方向に進んだが、狩野派の筆法を受け継いだ芳崖は、フェノロサの理想とした伝統絵画の復興には最適任だった。
 芳崖の絶筆となった『悲母観音』(ひぼかんのん)は、伝統をふまえながらもそれまでにない近代的な表現が随所に見られる。まさに芳崖芸術の帰結点であるとともに、近代日本画の出発点として位置づけることが出来る美術史上貴重な作品である。
 この作品のように、柳の枝を手にする観音は「楊柳観音(ようりゅうかんのん)」といい、病難救済を本願とするところから古くから信仰の対象となってきた。また、楊柳観音と善財(ぜんざい)童子という組み合わせの図像も多くの作例が残される。しかし、この『悲母観音』に見られる、水瓶から落とされた浄水によって赤ん坊が命を与えられ地上界に降りていくかのような図像は、芳崖の独創といってよい。悲母とは慈母と同じ意味で、子供に対する母親の愛がこの作品の真のテーマとなっている。
(本品「解説書」より抜粋)古田亮(東京藝術大学 大学美術館 准教授)

 今回の作品は、特別な許可を受け、最新鋭の超高精細デジタルカメラで撮影した新たな画像を使用。さらに、東京藝術大学大学美術館に厳重保管されている原画を実際に前にして同美術館学芸員立ち会いのもと、専門家が厳密な色合わせを行なった。その結果、繊細な筆致と端正な色彩を精確に復刻することができた。これまでの復刻画とは一線を画するこの再現性は、所蔵館からも高い評価を受けている。


【原画との厳密な色校正と最先端の技法で再現】
 本作品の制作にあたっては、所蔵館での度重なる色合わせと厳しいチェックを経て、原画のもつ色調や雰囲気を忠実に再現。最先端の技法により、宝冠や衣の文様をはじめ、奥行きのある天空の色や印象深い目元に至るまで精確に表現されている。
 このように、厳密な工程を経て、芳崖の「悲母観音」は、東京藝術大学大学美術館の正式認定を受け、待望の復刻となった。


【驚異の技法「デジタル・プリンティング・アート」】
 この技法は版画のノウハウと最新の画像処理技術を融合させた、新しい復刻方式である。特殊なプリンタのノズルから吹き出る無数のインクの超微粒子が、実際に絵筆で描くかのように直接に作品を描いていく。この最新技術の出現により、所蔵館である東京藝術大学大学美術館は、復刻の難しい本作の複製を許可するに至る。その比類ない出来栄えを、お手元でお楽しみいただきたい。


【東京藝術大学大学美術館監修による表装、一流表具師の熟練の技】
 原本の趣を尊重した重厚で落ち着いた東京藝術大学監修による表装が、作品を一層引き立てる。京表装の伝統を受け継ぐ一流表具師が、厳選された裂(きれ)地を用い、1点1点、入念に、端正に仕上げている。


【狩野芳崖・かのうほうがい(1828年~1888年)】
 激動の幕末から明治にかけて活躍した巨匠・狩野芳崖は、橋本雅邦とともに近代日本画を切り開き、「竜虎」とならび称された。東京美術学校(現・東京藝術大学)の創設に努めるが、開校目前に、肺炎のため死去。絶筆『悲母観音』は近代日本画の「原点」として重要文化財に指定された。
made in Japan
縦167×横55.5cm。画寸は縦82.5×横36cm(原画の約42%大)。風帯付き三段表装。上・下は綿支那パー。中廻しは貴船緞子(鳳凰に唐草紋)。風帯・一文字は金襴(二重小菱に唐草紋)。軸先は黒檀。柾目桐箱、タトウ箱入り。用紙は新絹本(日本画の精密復刻専用の特製布地)。技法はデジタルプリンティングアート。証明は東京藝術大学大学美術館の認定書、検印入り証紙。日本製。

※掲載しております所属や肩書きは発刊当時のものとなります。