小学館の総合通販サイトpalshop
7月23日(水)~9月5日(日)間のお荷物のお届けについて

ようこそ ゲスト

一生モノ語り 大人の逸品

アイテムカテゴリ一覧を見る

大人の逸品 サイトカテゴリ一覧

最新号カタログ

7月23日(水)~9月5日(日)間のお荷物のお届けについて

一生モノ語り 大人の逸品

ジェイ・エス・アイ

K2ストーンとヒマラヤ水晶のブレスレット

在庫 色柄/サイズ 価格

16,280 お気に入りに追加
◯ 在庫あり 在庫があります。2営業日以内に出荷いたします。(土日祝・ご注文日を含めず)お取り寄せの商品とともにご注文された場合は、商品が揃い次第の発送になります。 □ お取り寄せ お取り寄せ商品です。通常2週間以内にお届けいたします。2週間以上かかる場合には別途ご連絡いたします。
× 在庫なし 売切れまたは期間終了のため、販売を中止しています。 △ 在庫わずか 在庫わずかです。2営業日以内に出荷いたします。(土日祝・ご注文日を含めず)お取り寄せの商品とともにご注文された場合は、商品が揃い次第の発送になります。

天然石がもたらす唯一無二の輝き

 石の個性を見極める匠の目

 ジュエリーの街と呼ばれる甲府市で生まれ育った野木秋光氏は、裸一貫で石加工の世界に飛び込んだ。右も左もわからない当時19歳の野木氏は、周囲の職人を観察して学び、経験を積み、六十余年の歳月を経て技を体に染み込ませた。今では石を知り尽くす名工として、今日も工房で石と向き合う。
「多くの原石を扱ってきましたが、ひとつとして同じものはないのです。それぞれの石に個性があって、色の出方や硬さが異なります」と野木氏は説く。
 石加工でまず大切なのが職人の目利きである。原石の色はよいか、傷はないか、加工しやすい硬さであるかなどを見極める。特に傷があるものは加工の途中で割れてしまうこともあるため、質のよいものを厳選することが成功の鍵になるという。
「原石の加工手順は、初めに使用する大きさに合わせて小型の切断機で石を板状にします。その際、断面の細かな傷や亀裂・変色した部分を避けて石を削り出していくのです。この作業が完成したとき、玉の美しさを大きく左右します」(野木氏)
 そして、艶やかな玉に仕上げるには研ぎも重要となる。バレル研磨機に金剛砂を使った研磨材を入れて玉の角を取って磨き上げる。研磨剤の量や使い方は長年の職人の勘だけが頼りである。

 希少な天然石は息を呑む美しさ
 
 カラコルム山脈の世界で2番目に高いK2(8611m)の峰からとれる天然石・K2ストーンと、ヒマラヤ山脈で採取された水晶を連ねたもの。K2ストーンはグラナイト(花崗岩)とアズライト(藍銅鉱)を併せ持つ天然石で、グレーに黒い斑点のある母岩に鮮やかなブルーが入り混じる珍奇な石だ。K2の峰はエベレストよりも登頂が難しいといわれ、その採掘は非常に困難。ヒマラヤ水晶は、一般的な透明度の高い水晶とは異なり、薄く霧がかかったように見える独特の透明感に味わいがある。2種類の希少な石を豪華にあしらった一品だ。

 一生ものの天然石を優美にまとう

 野木氏は自作の工具でこれらの天然石をミリ単位で加工し、唯一無二のブレスレットに仕上げる。身につけるだけでパワーがもらえそうだ。
「K2ストーンは聖なる魔法の石と呼ばれています。人々がお守りとして身につけてきた貴重な天然石の輝きは格別ですよ」と、野木氏はほほ笑む。
made in Japan
内径約18cm、約29g。K2ストーン約10mm玉×7個、ヒマラヤ水晶約10mm玉×14個。K2ストーン(アズライトイングラナイト)、ヒマラヤ水晶、シリコンゴム。日本製。

※天然素材のため、色合いが異なる場合があります。
自作の工具を駆使してミリ単位の加工を施し、石の個性を引き出す

石を知り尽くすベテラン職人、野木秋光さん(77歳)の工房。自作した小型の切断機や研磨機などが所狭しと並ぶ。

日本を代表するワイン産地として知られる山梨県。そのほぼ中央に位置する甲府市は〝ジュエリーの街〞と呼ばれるほど宝石加工業が盛んな地でもある。かつて、同市北部を中心に良質な水晶が採掘されたことから、水晶加工技術の発達とともに明治のはじめごろに地場産業として振興。明治末には山梨県産の水晶はほぼ枯渇したが、海外から輸入した水晶の原石を使いながら加工技術は継承された。
戦後の高度経済成長期にはダイヤモンドやルビー、サファイヤ、エメラルドといった宝石の加工や製品化も盛んに行なわれ、1000社を超えるジュエリー関連の業者が互いに切磋琢磨まし、その技術を高めていった。
今回紹介する2種のブレスレットも、甲府市で石の加工ひと筋60余年の熟練職人、野木秋光さんが原石からひと玉ずつ削り出した逸品だ。ひとつは新潟県糸魚川市を流れる姫川の支流、小滝川周辺で採取された翡翠(硬玉)。もうひとつはカラコルム山脈にある世界第2位の高峰・K2(8611m)の麓のみで産出するK2ストーンと、ヒマラヤ山脈で採掘された水晶を素材に使用する。糸魚川産の翡翠は昭和31年に国の天然記念物に指定され、現在、採掘・採取は禁止されている希少な貴石。一方、グラナイト(花崗岩)に青いアズライト(藍銅鉱)が入り交じったK2ストーンは採掘が非常に困難で、流通量も極めて少ない。
「それぞれの原石が持つ特徴を活かし、ひとつひとつが生き生きと感じられる作品作りを心がけています。天然石は色や模様の入り方がそれぞれ異なるうえ、傷や亀裂などもあります。それらを確認しながら、良質な石を見極め選別していきます」(野本さん)

  • 左が糸魚川産翡翠の原石。右がK2ストーンの原石。いずれも入手困難な天然石である。

製作はまず、加工しやすいよう原石を板状に切断する。その際、断面に細かな傷や亀裂、変色した部分が現れることがある。そうした不要な部分を、小型の切断機でスライスするように丁寧に削り取っていく。「この作業のよしあしが、完成品の美しさを大きく左右する」と語る野本さんは、切断機やグラインダー(研磨機)も使いやすいよう工夫を凝らして自作したというから驚きだ。
「うちでは糸魚川産翡翠とK2ストーンの原石を相当量確保していますから、さまざまな形や大きさに加工することが可能です。どちらも10mmと大振りの玉を贅沢に使っているので、希少な天然石ならではの美しさを堪能していただけると思います」

  • 原石の断面に入った亀裂や変色部分を見極め、切断機に備わるダイヤモンドの回転刃でカットする。

  • サイコロ状に加工した翡翠。この後、研磨機でひとつずつ角を落として丸玉へと形を整える。

  • 磨き上げた翡翠の玉。同じサイズとランク(質)に仕分け、色を合わせながらゴムに通していく。

匠の技で削り出した、希少な天然石の美をまとう
  • 青とシルバーのグラデーションが美しいK2ストーンは「聖なる魔法の石」と称される。

  • 鮮やかな青色が特徴のK2ストーン7玉と透明なヒマラヤ水晶14玉が、手もとを涼しげに彩る。

大人の逸品 人気ランキング