小学館の総合通販サイトpalshop

ようこそ ゲスト

一生モノ語り 大人の逸品

アイテムカテゴリ一覧を見る

大人の逸品 サイトカテゴリ一覧

最新号カタログ

一生モノ語り 大人の逸品

山岸竹材店

虎竹四ツ目弁当箱

在庫 色柄/サイズ 価格

11,880 お気に入りに追加
◯ 在庫あり 在庫があります。2営業日以内に出荷いたします。(土日祝・ご注文日を含めず)お取り寄せの商品とともにご注文された場合は、商品が揃い次第の発送になります。 □ お取り寄せ お取り寄せ商品です。通常2週間以内にお届けいたします。2週間以上かかる場合には別途ご連絡いたします。
× 在庫なし 売切れまたは期間終了のため、販売を中止しています。 △ 在庫わずか 在庫わずかです。2営業日以内に出荷いたします。(土日祝・ご注文日を含めず)お取り寄せの商品とともにご注文された場合は、商品が揃い次第の発送になります。

使うほどに味わいが増す、唯一無二の美しい竹工芸

 高知県中央部、須崎市安和の山里に、日本で唯一、この地でしか生育しない「土佐虎斑竹」がある。淡竹の一種で、表面に虎のような模様が入る極めて珍しい竹である。かつては、他所への移植を何度も試みたが、不思議なことに虎の斑紋はきれいに出なかったという。その謎を解明しようと、土佐虎斑竹の名付け親で、日本を代表する高知出身の植物学者・牧野富太郎や、京都大学の研究者などが調べたというが、未だにその理由はわかっていない。
 この美しい竹を使った製品作りをいち早く始めたのが、明治27年(1894)創業の「山岸竹材店」(屋号は竹虎)である。同社の4代目・山岸義浩さん(57歳)は、山の所有者と協力して竹林の拡大と保持に努めながら、唯一無二の竹製品を生み出している。その数は都合4000点にも及ぶという。

手間をかけて部材に加工

 製造には、じつに多くの手間と時間がかかる。毎年11月~1月に行なう竹の刈り出しに始まり、竹の選別と切断、ガスバーナーでの油抜きに曲がりの矯正。いくつもの工程を経て材料に整えた後、職人の手で製品へと編まれていく。
 今回は多彩な商品の中から、日常使いができる品を紹介する。「弁当箱」はサライ用に制作された縦長サイズで、ぴたりと合う蓋は職人の技の賜物。通気性がよく、食材の風味を損なわない。
※追加生産を決定した場合はお届けまで30日ほどかかります。

made in Japan
初回限定 40

弁当箱は幅21.5×奥行き10.5×高さ6cm、約100g。竹。水洗い不可。お手入れは固く絞った布などで軽く拭く程度。日本製。

大人の逸品 人気ランキング