小学館の総合通販サイトpalshop

ようこそ ゲスト

一生モノ語り 大人の逸品

アイテムカテゴリ一覧を見る

大人の逸品 サイトカテゴリ一覧

最新号カタログ

一生モノ語り 大人の逸品

ゴルゴ13 手捺染の手ぬぐい
ゴルゴ13 手捺染の手ぬぐい
ゴルゴ13 手捺染の手ぬぐい
ゴルゴ13 手捺染の手ぬぐい
ゴルゴ13 手捺染の手ぬぐい
ゴルゴ13 手捺染の手ぬぐい
ゴルゴ13 手捺染の手ぬぐい
ゴルゴ13 手捺染の手ぬぐい
ゴルゴ13 手捺染の手ぬぐい
ゴルゴ13 手捺染の手ぬぐい
ゴルゴ13 手捺染の手ぬぐい
ゴルゴ13 手捺染の手ぬぐい
ゴルゴ13 手捺染の手ぬぐい
ゴルゴ13 手捺染の手ぬぐい

『大人の逸品』×染の安坊

ゴルゴ13 手捺染の手ぬぐい 大人の逸品オリジナル

在庫 色柄/サイズ 価格

ビッグ・セイフ作戦(紺)

2,200 お気に入りに追加

海へ向かうエバ(エンジ)

2,200 お気に入りに追加

メデジンカルテル(黒)

2,200 お気に入りに追加
◯ 在庫あり 在庫があります。2営業日以内に出荷いたします。(土日祝・ご注文日を含めず)お取り寄せの商品とともにご注文された場合は、商品が揃い次第の発送になります。 □ お取り寄せ お取り寄せ商品です。通常2週間以内にお届けいたします。2週間以上かかる場合には別途ご連絡いたします。
× 在庫なし 売切れまたは期間終了のため、販売を中止しています。 △ 在庫わずか 在庫わずかです。2営業日以内に出荷いたします。(土日祝・ご注文日を含めず)お取り寄せの商品とともにご注文された場合は、商品が揃い次第の発送になります。

伝統の染め技法で『ゴルゴ13』伝説のシーンを日本手ぬぐいに再現!

 日本では古来、顔の汗や洗った手を拭くのはタオルではなく「手ぬぐい」を使用してきた。シンプルな木綿の平織りの布はとても実用的だったが、あるとき誰かが気づいた。この真っさらな広いスペースは表現の場ではないか、ということに。それ以来、手ぬぐいはさまざまな色であったり、柄であったり、デザイン表現の場ともなっていったのだ。
「染の安坊」は東京・浅草に店舗を構える染物専門店。版画のように型を使って、職人がそのときの温度や湿度、染料の状態を見ながら1反ずつ染めていく伝統の本染め技法「手捺染」を得意とする。今回『ゴルゴ13』とのコラボレーションで製作した手ぬぐいは全3種類。いずれも手捺染により、漫画作家が手で描いた微妙なタッチを忠実に再現した。
 今回『ゴルゴ13』とのコラボレーションで製作した手ぬぐいは全3種類。いずれも手捺染により、漫画作家が手で描いた微妙なタッチを忠実に再現した。
 使用する手ぬぐいは「特岡」というなめらかな手触りの上質な生地。柄は実際に作品として描かれたシーンを約35×100cm大の大きさに再構築したもの。熱心なファンであれば、どのエピソードであるか、すぐにピンとくることだろう。部屋に飾るもよし、粋な包みものとして愛用するもいい。

「ビッグ・セイフ作戦」は、ここから漫画史に残る52年11ヶ月におよぶ連載が始まった、記念すべきSPコミックス第1巻に収録される第1話。

「海へ向かうエバ」は、さいとう・たかを先生が脚本を手がけた、『ゴルゴ13』ファンの間では名作と評価されるSPコミックス第21巻に収録される第81話。

「メデジンカルテル」は『ゴルゴ13』の名シーンとして誰もが思い浮かべる、飛び降りながらの射撃シーン。SPコミックス第102巻に収録される第315話。


「染の安坊」が手掛ける手ぬぐいは、本格的な日本手ぬぐいで、端が縫われていない切りっぱなしの仕様となる。日本手ぬぐいのその仕様には、下記の理由があり、

①乾きが早くて衛生的
手拭いは汗をぬぐったり、入浴時に体を洗ったりするための布。手拭いの端を縫ってしまうとその部分の乾きが遅くなるため。

②応急処置
端が縫われていない手拭いは、生地をすぐに裂いて使用でき、応急処置として使うことができる。江戸時代にはケガの手当てや、下駄や雪駄の鼻緒の補修をしていた。

といったように、手ぬぐいの端には、このような理由と歴史が隠れている。
made in Japan
幅35×長さ100cm、約37g。綿100%。洗濯機使用可(移染する場合がありますので他のものと分けてください)。日本製。

※端は切りっぱなしになっていますので、多少のほつれがあります。
※額は付属しません。

©さいとう・たかを/さいとう・プロダクション/小学館
伝統の染め技法で『ゴルゴ13』伝説のシーンを日本手ぬぐいに再現! 1968年に小学館「ビッグコミック」で連載を開始し、現在も連載中。リイド社発売の単行本(SPコミックス)は単一漫画シリーズとしては世界一の刊行数でギネスブックに認定。シリーズ累計発行部数は3億部を超える。©さいとう・たかを/さいとう・プロダクション/小学館

日本では古来、顔の汗や洗った手を拭くのはタオルではなく「手ぬぐい」を使用してきた。シンプルな木綿の平織りの布はとても実用的だったが、あるとき誰かが気づいた。この真っさらな広いスペースは表現の場ではないか、ということに。それ以来、手ぬぐいはさまざまな色であったり、柄であったり、デザイン表現の場ともなっていったのだ。
「染の安坊」は東京・浅草に店舗を構える染物専門店。版画のように型を使って、職人がそのときの温度や湿度、染料の状態を見ながら1反ずつ染めていく伝統の本染め技法「手捺染」を得意とする。
今回『ゴルゴ13』とのコラボレーションで製作した手ぬぐいは全3種類。いずれも手捺染により、漫画作家が手で描いた微妙なタッチを忠実に再現した。
使用する手ぬぐいは「特岡」というなめらかな手触りの上質な生地。柄は実際に作品として描かれたシーンを約35×100㎝大の大きさに再構築したもの。熱心なファンであれば、どのエピソードであるか、すぐにピンとくることだろう。部屋に飾るもよし、粋な包みものとして愛用するもいい。

  • メデジンカルテル(黒)
    「メデジンカルテル」は『ゴルゴ13』の名シーンとして誰もが思い浮かべる、飛び降りながらの射撃シーン。SPコミックス第102巻に収録される第315話。

  • 海へ向かうエバ(エンジ)
    「海へ向かうエバ」は、さいとう・たかを先生が脚本を手がけた、ファンの間では名作のひとつと高く評価されるSPコミックス第21巻に収録される第81話。

  • ビッグ・セイフ作戦(紺)
    「ビッグ・セイフ作戦」は、ここから漫画史に残る53年8か月を超える連載が始まった、SPコミックス第1巻に収録される記念すべき第1話。

  • 「手捺染」は染料と糊を混ぜ、直接布地に摺り込んで染色する染色技法。日本の職人が1反ずつ丁寧に仕上げている。

  • 特製の紙帯を巻いてお届け。生地の端が切りっぱなしの日本手ぬぐいとなる。

  • 使い方はさまざま!

    本品は大判の作りなので、手や顔を拭く以外にも、弁当や一升瓶を包んだりと、さまざまな使い方ができる。

大人の逸品 人気ランキング