小学館の総合通販サイトpalshop
7月23日(水)~9月5日(日)間のお荷物のお届けについて

ようこそ ゲスト

一生モノ語り 大人の逸品

アイテムカテゴリ一覧を見る

大人の逸品 サイトカテゴリ一覧

最新号カタログ

7月23日(水)~9月5日(日)間のお荷物のお届けについて

一生モノ語り 大人の逸品

サライ

サライ最新号

サライ最新号より新商品をご紹介

  • 麦わらカンカン帽

    紳士の正装の定番だった夏の帽子でお洒落を楽しむ

     麦わら帽子の一種であるが、頭頂部が真っ平らになっているものがカンカン帽と呼ばれる。平たくつぶした麦わらをしっかり編み上げ耐久性があり、叩くとカンカンと音がするほど固いためにその名が付いたという説がある。
     明治から昭和にかけて男の正装に用いられたカンカン帽だが、軽装にもよく似合う。出自は麦わら帽子ゆえ、強い日射しを遮りつつ通気性は抜群、オーソドックスなスタイルがお洒落を引き立てる。
     製造元は、埼玉県春日部市で100年以上も紳士の帽子を作り続けている田中帽子店。職人が丹精込めた手作り品だ。夏の外出アイテムのひとつに加えたい。

  • 水着素材の洗える立体布マスク 4枚セット

    高機能繊維で快適な通気性と速乾性を確保。涼感タッチの「夏マスク」

     通気性と吸水速乾性に優れた、水着に使われる素材をマスクに使った。内側に高機能繊維の「クールマックス」を採用し、サラッとドライな着け心地で汗を吸収し、マスク内で発生した湿度を適度に放出する。通気の快適性と、肌触りが滑らかで、長時間着けていても“マスク疲れ”しにくいのも特徴。夏のマスクとしておすすめだ。

  • 昔懐かしい「伝統玩具セット」

    昭和の香りが懐かしい。少年時代に挑んだ技に再挑戦

     幼少の頃が脳裏によぎる、木製玩具のセットである。すべて木材だけで作られ、手に取ると優しい温もりが伝わる。手触りこそ優しいが、久々に独楽回しやけん玉に挑戦すると、昔の勘を取り戻すまで時間がかかる。だが、それが楽しい。うまくできたときの喜びは、少年時代とまったく変わらない。

  • スリム温冷風扇

    涼風に温風、加湿機能も備えたオールシーズン型

     エアコンをつけるほどでもなく、ちょっと涼みたいときに重宝するのが冷風機だ。紹介するのはスリムな形状で、寝室や書斎などで邪魔にならない省スペースタイプ。
     冷風は、タンクに入れた水の気化熱を利用するので、冷えすぎず優しい風が心地よい。
     温風と加湿機能も付き、オールシーズンで使えるのも嬉しい。

  • 快眠マットSOYOハーフ

    布団にこもった熱や湿気をファンで排出。蒸れを軽減する快眠寝具

     体の下を風が涼やかに通り抜けていくような新鮮な感覚。マットに取り付けたファンにより、就寝中に発生した熱や湿気を排出する。
     メーカーの測定結果では、通常の敷き布団と比べると、1時間で表面の温度が1.5℃、湿度は15.7%それぞれ低くなった。夏の寝苦しさから解放してくれる、新機軸の仕組みによる快眠寝具だ。

  • 日田杉の素焼角右近下駄

    日本有数の木材の産地から届いた履きやすく楽に歩ける日常使いの下駄

     豊富な森林資源に囲まれる大分県日田市は、良質な杉を使った下駄の産地として発展してきた。今回は、日田のメーカーが作る焼き木目の美しい下駄をご紹介したい。
     底にはゴムが貼られ、足裏にフィットするようカーブが付けられているので、履きやすく歩きやすい。日常の履物としても、気軽に使える良品だ。

メイドインニッポン紀行 from サライ

微煙陶炉『やきやきさん』

微煙陶炉『やきやきさん』

400万年まえの”呼吸する土”に刻まれる職人の技術

石膏型から取り出した後の削り出しの作業。こうすることで多孔質な生地の表面積が増え、蓄熱性が高まる。こうした機能に関わる重要な作業はひとつずつ職人の手で行なわれている。

国の伝統的工芸品の指定も受ける伊賀焼は三重県伊賀市を中心に作られる陶器で、鎌倉時代に生産が本格的になったと言われる。伊賀焼は耐火性、蓄熱性に優れていることが一番の特徴だが、その秘密は陶土にある。伊賀の陶土には400万年前に生息していた生物の遺骸が含まれており、高温で焼成すると、この遺骸部分が燃え尽きて細かな気孔ができ、多孔質な生地となるため“呼吸する土”とも言われ、熱を蓄えるため、遠赤外線効果が高く食材の芯までじっくり熱を伝えることができるのだ。
こういった特徴を活かし、天保3年(1832)に創業し、土鍋などを作り続けてきたのが、伊賀焼窯元・長谷園である。同社社長の長谷康弘さんは言う。

  • *

    伊賀の陶土。ここに400万年前の有機物が含まれている。

  • *

    創業時から存在し、国の登録有形文化財となっている16連の登り窯は圧巻。この大きさで現存しているのは日本ではこれだけだという。

「台所だけでなく、食卓でも使える調理器具を作るというのが長谷園のコンセプトです。食卓で煮物や蒸し物が楽しめる土鍋を作ってきましたが、今度は焼き物を楽しめるものが作りたいと思って」
そうして3年もの試行錯誤を重ね開発されたのが、今回ご紹介する「微煙陶炉 やきやきさん」だ。煙が出にくく、遠赤外線効果でおいしく焼き上げることができる卓上グリルである。
水を入れるフチがついた中央が空洞の土台と、その上にのせる陶板の2つで1つとなる独自の構造が特徴的(左、断面の写真参照)。通常煙は350〜400℃で発生するため、その温度に達しないように、陶板と炎の距離を保ち、陶板の下を炎で柔らかく包む大きな炉のような設計に。温めた陶板は食材を置いても温度が下がりにくく、遠赤外線効果でゆっくりじっくり食材の芯まで熱を通し、おいしく焼きあげる。また陶板に施された傾斜のある溝に沿い、肉から出た余分な脂がフチの水に落ちるため、ヘルシーなうえ、煙の原因となる火への脂落ちがない。
「製作はまず石膏型で成形した後、陶板は裏面を、土台は全体を職人の手でひとつずつ削り出します。削り出すことで表面積が増えて、蓄熱性が高まるため、一個ずつ丁寧な作業が必要です。また陶板と土台は肉厚成形のため、2週間ほどかけてゆっくりムラなく乾燥させます。その後素焼き、釉を施し、本焼き。約3週間ほどで完成します」(長谷さん)

  • *

    「やきやきさん」をセットした状態の断面図。煙が出にくい厚みや角度にたどり着くまでに試行錯誤を重ねたそう。

  • *

    長谷園社長の長谷康弘さん。新商品の開発や東京店の運営など、多方面の展開にも力を入れる。

*
  • *
  • 陶板の遠赤外線効果により、食材が上質の炭火で焼いたような仕上がりに。

    *

    水に脂分が落ちる構造。

  • *

    『やきやきさん』使用時は陶板の置き台の周囲につけられた溝に、水を八分程度まで入れる。流れ落ちた肉などの脂が直接火に落ちない構造。

続きを読む

「ここでしか買えません」 その名のとおり、ここでしか買えないサライオリジナル

  • ここでしか買えないサライオリジナル商品

    「ここでしか買えません」 や、「サライ ORIJINAL」のマークが入った商品は、サライ独自で企画・誕生したオリジナル商品。ここでしか買えない上、ほとんどが在庫限り。気に入った商品があれは即お買い求めください。

  • オリジナル・四万十ひのきのリラックスセット
  • 6号帆布の2WAY横型ショルダーバッグ
  • サライ・オリジナル三河木綿の2重ガーゼパジャマ
オリジナル商品一覧を見る

サライより、ワンランク上のギフトカタログをお届け

ワンランク上のギフトカタログをお届け

サライから、あなたへオススメ商品

サライからのお知らせ

  • 大人の逸品 メルマガ購読のお知らせ

    メルマガ購読

    大人の逸品、BE-PAL、サライ、DIMEの発行情報、各種クーポンなどのお得情報、さらにWEB限定企画のご案内など、「大人の逸品」に纏わる最新情報を得られるメールマガジン。もちろんご登録は無料、退会も自由です。メルマガ会員様限定企画などもありますのでぜひご登録ください。

  • 本誌公式サイト

    本誌公式サイト

    歳を重ねてもアクティブに行動したい知的な高齢者シニア世代=サライ世代の方々に向けたライフスタイル提案と旅・食・人物・歴史・文化・趣味・健康・モノ情報など上質な情報を発信しています。

  • 過去掲載商品を見る

  • 定期購読のご案内

    サライ定期購読

    シニア世代の「人生」と「暮らし」を究める

    知識も経験も豊かなシニア世代にとって、人生に必要なのはホンモノと正統のみ。旅、美味、芸術、文化、道具など、あらゆる分野でホンモノと正統を取り上げ、人生(LIFE)を豊かに、暮らし(life)を愉しくする月刊誌です。

  • SNS