小学館の総合通販サイトpalshop

ようこそ ゲスト

一生モノ語り 大人の逸品

アイテムカテゴリ一覧を見る

大人の逸品 サイトカテゴリ一覧

最新号カタログ

一生モノ語り 大人の逸品

藤木伝四郎商店

角館・伝四郎の樺細工の輪筒

在庫 色柄/サイズ 価格

輪筒3色 茶筒

11,000 お気に入りに追加

輪筒2色 菓子入れ

6,050 お気に入りに追加
◯ 在庫あり 在庫があります。2営業日以内に出荷いたします。(土日祝・ご注文日を含めず)お取り寄せの商品とともにご注文された場合は、商品が揃い次第の発送になります。 □ お取り寄せ お取り寄せ商品です。通常2週間以内にお届けいたします。2週間以上かかる場合には別途ご連絡いたします。
× 在庫なし 売切れまたは期間終了のため、販売を中止しています。 △ 在庫わずか 在庫わずかです。2営業日以内に出荷いたします。(土日祝・ご注文日を含めず)お取り寄せの商品とともにご注文された場合は、商品が揃い次第の発送になります。

現代の暮らしに調和する多色使いのモダンな樺細工

樺細工の産地、角館。時代を見据えるプロたちの審美眼が、伝統と革新が融合した現代の逸品を生み出す。

今の暮らしに寄り添う新しい形を模索

 江戸時代末期の武家屋敷や民家が多く残る秋田県仙北市角館町は、一部が国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されるなど、その風情ある街並みから「みちのくの小京都」と称される。この町で240年以上前より受け継がれてきた樺細工は、角館でのみ作られている伝統的工芸品だ。
 樺とは、山桜の樹皮を指す。強靭かつしなやかで抗菌・防湿効果もあるため、もともとは印籠や喫煙具に使われていた。桜皮(樺)を用いて独自の技法により作られる樺細工は、武士の手内職として奨励されたのが始まりで、藩主の保護のもと地場産業へと発展した。創成期には産地全体で200人ほどの職人がいたが、現在はその数も50人程度になり、希少価値は高まる一方である。
 嘉永4(1851)年に角館で創業した「藤木伝四郎商店」は、県内で初めて樺細工の自社工場を設立した会社だ。以前は産地問屋を営んでいたが、工場設立後は自社製品に注力し、現在はおもに樺細工の日用品を手がけている。同社7代目の三沢知子氏は、これまでの軌跡を次のように振り返る。
「かつては昔ながらの民芸調デザインが好評でしたが、時代が進むにつれて、現代の暮らしに馴染みにくくなりました。これからもふだん使いしやすいよう、現代的な茶筒を作りたい。そう考えていたときにデザイナーの山田佳一朗さんと出会い、彼の協力を得て完成させたのがこの『輪筒』です」

洗練されたモダンな意匠熟練の技が宿る

 桜やかえでを組み合わせることで桜皮の豊かな表情を引き立てた本品は、従来の樺細工には見られないモダンな意匠が好評だ。その随所に職人の高度な技が光る。
 桜皮は独特の色艶が美しい素材だが、もととなる原皮は灰褐色でざらざらとした質感である。それを2年ほどかけて十分に乾燥させ、製品に合わせて裁断。さらに一枚ずつ手作業で削りと磨きを繰り返すことによって、赤茶色の美しい桜皮に生まれ変わる。
 筒状にする工程は、円柱の木型に膠を塗った経木と桜皮を巻き付け、高温の金鏝で貼り合わせる「型もの」という技法で行なう。鏝を熱しすぎると桜皮が焦げてしまうため、熱した金鏝を水に浸けて70~80℃に調節してから、皺にならないよう慎重に押し当てながら貼り合わせていく。
「樺細工は基本的に1本の木型から作って気密性を高めますが、本品の場合は材質ごとに作った外筒を輪切りにし、組み替えて内筒にかぶせます。木の厚みが異なる材質を合わせて作るので、その調整には高度な技術が必要。職人たちが時間をかけて寸分違わぬ厚みにそろえ、従来の製品と遜色ない気密性を実現しています」(三沢氏)

上質な作りに海外も熱視線経年変化も愉しみのひとつ

 茶筒は桜皮、かえで、桜の3色、菓子入れは桜皮と桜の2色で、内側にも桜皮を使用。2009年からはフランスでの国際見本市に出展し、海外からも注目されている。
「桜皮は使い続けることでさらに艶を増します。抗菌・防湿作用は衰えないので、世代を超えてお使いいただけます」と三沢氏。
 光沢のある赤茶色はモダンな印象で、現代のインテリアに取り入れても違和感なし。お気に入りの茶葉や菓子の保管に役立てつつ、桜皮をより艶やかに育てたい。
made in Japan
【輪筒3色 茶筒】直径8.2×高さ7.8cm。茶葉容量約90g。
【輪筒2色 菓子入れ】直径8.2×高さ4.3cm。
ともに桜皮、天然木(外側ウレタン塗装、内側研磨仕上げ)。電子レンジ、オーブン、IH調理器使用不可。日本製。

※天然素材のため、柄の出方は一点一点異なります。
丈夫で優れた気密性を持つ独特の艶が美しい桜皮工芸 丈夫で優れた気密性を持つ独特の艶が美しい桜皮工芸
  • 品質の高さは、外蓋の内側という"見えない部分"の丁寧な仕上げにも表れている。
    「内樺入れ」と呼ばれる作業によって、内側や底にも加工した桜の樹皮が貼られている。
  • 『輪筒3色茶筒』には樺細工を施した内蓋が付いており、密閉性をさらに高めている。
    底の浅い『輪筒2色』は、ラムネや金平糖など湿気に弱い菓子類を入れておくのに便利。
  • 丁寧な手仕事が生む上質さと美しさ 丁寧な手仕事が生む上質さと美しさ

    芯となる経木に膠を塗り、熱した鏝で桜皮を張り付ける。熟練の技を要する作業だ。

    秋田県の中東部に位置する城下町、角館(仙北市)。武家屋敷をはじめ江戸時代末期からの建物が残る風情ある町並みは「みちのくの小京都」と称され、その一部は国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されている。
    この町で230年以上前から受け継がれている伝統工芸がある。山桜の樹皮を素材に用いる樺細工である。もともとは下級武士の内職として奨励され、藩主の保護のもと地場産業として定着。やがて秋田を代表する工芸へと発展した。嘉永4(1851)年の創業以来、角館で7代にわたって高品質な樺細工を作り続けているのが藤木伝四郎商店である。同店の七代目伝四郎・三沢知子さんはこう語る。「山桜の樹皮は磨くと独特の深い艶が生まれ、強靭でしなやか、抗菌・防湿・防乾効果もあります。それらを活かして、古くは印籠や喫煙具、現在はおもに茶筒や盆皿などの日用品を手がけています」
    職人は素材の特徴を見極めながら、樹皮にさまざまな加工を施す。まず、丁寧に剥ぎ取った原皮を2年ほどかけて十分に乾燥させてから、製品に合わせて裁断。一枚一枚、手作業で削りと磨きを繰り返し、独特の艶を湛える桜皮(樺)に加工する。そして、円柱の木型に膠を塗った経木と桜皮を巻き付け、高温に熱した鏝で押さえながら貼り合わせていく。その際、鏝を水につけて桜皮が焼けない温度に微調整し、皺が残らないよう何度も押し付けて経木になじませる。熟練の技を要する作業である。
    今回紹介する2品には、さらに手の込んだつくりがなされている。「3色の茶筒は、桜皮のほか、桜とかえでの突板で作った外筒をそれぞれ輪切りにし、上から桜皮、かえで、桜の順に組み合わせて内筒に被せています。桜皮と桜の『輪筒2色』ともに、筒の内側や蓋の裏側にも桜皮を用いた上質な品です」(三沢さん)
    同店はこうした現代の暮らしに合うモダンな意匠の製品も得意としており、欧州など海外の目利きからも高い評価を得ている。

  • 製品に合わせてカットした桜皮の表面を、幅広の刃で削って光沢を出していく。
    専門職人が山桜の樹皮に刃を入れ、剥離した表皮をめくるよう開き、静かに剥ぎ取る。

大人の逸品 人気ランキング