小学館の総合通販サイトpalshop

ようこそ ゲスト

一生モノ語り 大人の逸品

アイテムカテゴリ一覧を見る

大人の逸品 サイトカテゴリ一覧

最新号カタログ

一生モノ語り 大人の逸品

共同印刷

クロード・モネ「睡蓮の池、緑の反映」額装

在庫 色柄/サイズ 価格

154,000 お気に入りに追加
◯ 在庫あり 在庫があります。2営業日以内に出荷いたします。(土日祝・ご注文日を含めず)お取り寄せの商品とともにご注文された場合は、商品が揃い次第の発送になります。 □ お取り寄せ お取り寄せ商品です。通常2週間以内にお届けいたします。2週間以上かかる場合には別途ご連絡いたします。
× 在庫なし 売切れまたは期間終了のため、販売を中止しています。 △ 在庫わずか 在庫わずかです。2営業日以内に出荷いたします。(土日祝・ご注文日を含めず)お取り寄せの商品とともにご注文された場合は、商品が揃い次第の発送になります。

「印象派の殿堂」ビュールレ・コレクション、門外不出の名品

 モネは生涯を通じて、300点以上の「睡蓮」を主題にした作品を描いている。中でも、チューリッヒの至宝と称されるE.G.ビュールレ・コレクションに所蔵される「睡蓮の池、緑の反映」は、特に名作として知られている。高さ2メートル、横4メートルにもおよぶこの大装飾画が、2018年に開催されたビュールレ・コレクション展で初めて日本で公開され、展覧会の話題作として大きな注目を集め、その大きさと美しさで観覧者を圧倒した。モネが最晩年に描いた睡蓮の傑作が、限定300部の高級複製作品として制作された。

【E.G.ビュールレ・コレクション財団から日本で初めて許諾を受けて制作】
 スイスの経済の中心都市チューリッヒに、実業家E.G.ビュールレのコレクションを展示し、「印象派の殿堂」と呼ばれるビュールレ美術館がある。このコレクションの所蔵作品は、印象派を中心に200点を誇り、モネをはじめ、ルノワールやゴッホなど巨匠たちの名画が揃っている。そして、その所蔵作品の質の高さからチューリッヒの至宝とも呼ばれている。
 本作は、E.G.ビュールレ・コレクション財団から正式な画像提供を受け、日本で初めて、複製画制作の許諾を得て制作されている。その証として、E.G.ビュールレ・コレクション財団館長ルーカス・グルーア氏のサイン入り証明書が額裏に貼付されている。
 最新のデジタル加工処理技術と高精度印刷、さらには一枚一枚職人の手刷りによるシルクスクリーンを施し、作品の豊かな色彩はもちろん、作家の筆遣いといった絵の鼓動までもが見事に表現された名品を存分にご堪能いただきたい。

【フランス印象派研究の第一人者の監修のもと制作】
 本作は、フランス近代美術の第一人者であり、モネの権威である高橋明也氏(美術史家/三菱一号館美術館館長)による監修を得て制作されている。作品には同氏による詳細な作品解説が添付される。

【クロード・モネ(1840年~1926年)】
 1840年11月14日、パリに生まれる。4歳の頃、一家でル・アーヴルに移住。16歳の時に画家になる決心を固め、18歳でパリに出て、多くの画家に出会い親交を深め、新しい時代の絵画を模索する。1871年、アルジャントゥイユに移り住み、光に満ちた作品を多数描く。1874年、仲間たちと開催した第1回印象派展に「印象、日の出」を出品。1890年代に入り、印象派を代表する画家としての地位は揺るぎないものとなる。晩年は視力低下のなかでも、絵画の制作を続け、「睡蓮」の大作を完成させた。
特別送料2500円 made in Japan
縦50.8×横93.2×厚さ2.7cm、約4kg。画寸は縦37.6×横80cm(原画の約19%大)。額縁は木製金箔額(国産ハンドメイド仕上げ)、アクリルガラス付き。用紙はキャンバス。技法は彩美版®シルクスクリーン手刷り。監修・解説は美術史家/三菱一号館美術館館長・高橋明也氏。限定300部。日本製。

※掲載しております所属や肩書きは発刊当時のものとなります。